精神科学教室 医局員の声

きみあきの休み時間 2nd 医局紹介

2016.01.12

医局紹介

自己紹介の次は医局紹介をするのがきれいだし、自然だと思う。だけどこれは難しい。2016年の1月現在においては、僕はまだ新入局員であって、どうのこうのと言えるほど全体を詳しく把握してはいないからだ。言ってみれば、出会って9か月しか経っていない知り合いを紹介するようなものだ。今回は5回2失点、いや3失点、打者ならポテンヒット、いや四球で出塁、いや、凡打だけど一生懸命走って一塁にヘッドスライディングすればいいんじゃないかな。

こうして、誰に頼まれたわけでもない自分で立てたテーマをどう書いたらいいものかと、ひとりで勝手に悩んでるわけだけど、それでも、今までに2つの内科の医局(大学病院と市中病院)に属した経験をもとに、何かしら伝えることは可能だろう。

この回を誰に向けて書くか。この大学で初期研修している人たちはローテすれば分かることだから、不要だろう。今回は、僕がそうだったように、別の病院で初期研修をしている人、もしくは学生で精神科に興味を持っている人向けだ。そして、彼らの多くが求めているものは、医局や病棟の雰囲気であって、たぶん学術的な話ではなかろう。後者の方は、個別相談で。ほんとに。

思いつくままに述べていくと、同僚や上下関係、人間関係ですが、これが、いい。実際の話。ギスギスしていない。精神科の性質上、各個人の資質に合わせた接し方、活かし方を意識的にか無意識的にか、考えてくれているんではないかと。いや、知らないけど、そういう面は多少なりともあるだろう。興味なし、というほど突き放しているわけでもなければ、「ホウレンソウって知ってるか」的なありがた迷惑を施すわけでもなく、これはたぶん、関係の取り方が絶妙なんだろう。

臨床のこと、進路のことで、疑問点や困っていることを気軽に相談できる。気軽にだ。

本当の意味でチーム医療を実現しているところも、いい。例えばカンファレンスでは全職種が集まって議論する。裏返せば、誰ひとり欠かせない。ピッチャーだけで野球はできない。全ポジションが集まる。最後にもうひとつ、何気ない自然な声かけ。何度か救われてます。まだ言及していないこともありますが、そろそろ1,000字になりますので。 

(今後の予定についてですが、ド真面目な回、ただの趣味回、勉強回、何の関係もない回、回想回、その都度その都度、IQを上下させながら書いていこうと思います。)

渡邊公聡

p1010774s.jpg

Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.