精神科学教室 医局員の声

公明の休み時間10th 黒い安息日(夜の果て旅館 1)

2017.07.26

2017年の7月17日は、朝からもうもうとした雨が降っており、どんよりと湿気を帯びた空気が立ち込めて、彼の行く手を抑えつけていた。ただでさえ回転の悪い頭がいよいよ重たくなってくる。このまま真っ直ぐ家へ帰ろうか、それとも……、彼は決められない。舌をだらりと垂らした黒い犬が、嫌な臭いを撒き散らしながら目の前を通り過ぎた。そのためにいっそう行きどころを失くした彼は、とっさに駅前のコーヒー・ショップに入った。臭気はなかなか消えず、ただだらだらと汗ばむみぞおちをTシャツごとぬぐっていた。はすかいの、黄色い目をした女性客の一人が、スマートフォンを取り出して、もてあそんでいる。メタリックな光沢を放つそのタブレットは、我々が小説や映画などでさんざん無意識に植え付けられてきたところの未来感を奏でている。おそらく人類は、これからもいっさいを(できるだけいっさいのものを)そのガラス質につめこんでいくだろう。彼にはなんだか、嫌なことのように思われた。さてともかく、彼はどうにかして気持ちを取り直さなければならないのだ、タブレット(錠剤)なしで。アイス・コーヒーを飲みくだす。アイス・コーヒーに終わりはない。やがて窓から陽の光が射してきた。彼は外に出て、空を見上げる。教会の鐘が鳴り、その屋根の上を、(何でもいいです。鳥とか。)が飛び越えていった。風が吹いて、青空が、雲の切れ目から覗いた。みたいな凡庸なものでなく、自分ならではの、いろんなことを書きたいんだよなぁ、と彼は思った。なんとかして、あと50回分は書きたい。夏の休暇中に、何回か分は書いておきたい。

Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.