精神科学教室 活動報告

第38回日本精神科診断学で講演を行いました

2018.10.19

平成30年10月18日に川越で開催された第38回日本精神科診断学会において特別講演をしてきました。題名は,「パーソナリティ障害から見た診断の重層」です。これは、従来から精神障害では、診断が多数ついいてしまう重複診断、合併診断が問題とされてきましたが、それをパーソナリティ障害の視点から理解してみようという試みについての発表です。私は、このような見方でかなりすっきり重複診断が理解できると考えているのですが、これに関する議論は、まだまだ積み重ねが必要な状況のようです。

林直樹

 

Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.