病棟

<患者さんへ>

入院診療をご希望の場合は、現在おかかりの主治医とご相談の上、当科外来(03-3964-1211(代)内線:30351)までご連絡下さい。

<医療機関の先生方へ>

入院診療が必要な場合、当科外来(03-3964-1211(代)内線:30351)までご連絡下さい。担当医が患者様のお名前・年齢・性別・病状・連絡先などを伺います。当科より患者様にご連絡し、入院日・持ち物などをお伝えします。
当科で治療をお引き受けできるかどうかの判断が困難な場合、一度外来を受診して頂く場合がございます。

12階西病棟

病床数:
開放病棟47床(保護室2室・個室5室含)
4床室・6床室:室料差額なし
(個室差額:20,900円)
主な治療内容:
急性期治療 統合失調症・気分障害の薬物療法
      修正型電気けいれん療法
各種検査入院 うつ状態の鑑別
       認知症の診断確定
神経症・PTSD・パーソナリティ障害・摂食障害の診断と治療
統合失調症のリカバリー支援
うつ病の休息入院
多床室で対応可能な身体合併症の治療

特色のある治療

病棟活動

  • 新入院ミーティング...入院に関する疑問や不安などを話し合い、病棟になじんで円滑に治療を開始する目的で行っています。
  • 病気の勉強会...病気、治療、再発予防について理解を深めます。
  • 作業療法...手芸、塗り絵、なぞり書き、パズルなどの作業を通して病気により低下した機能の回復、達成感や充実感を得ること、気分転換を図ります。
  • レクリエーション...卓球、書道、DVD鑑賞、季節行事、お菓子作りなどの活動を通して気分転換を図ります。

修正型電気けいれん療法(mECT)

  • うつ病などの精神科疾患で、薬物治療では十分な効果が得られない場合、副作用が原因で十分に薬物療法を行えない場合などに実施しています。

物忘れ検査入院

  • 入院することにより、より詳しい検査と多職種診療科で総合的な評価を行います。ご家族の通院介護への負担 を軽減いたします。
  • 3 泊 4 日程度の日程で MRI、SPECT、脳波、心理検査などを実施し、認知症の程度と病型分類の双方を検討 します。
  • 対象患者は、ご家族とご一緒に物忘れ外来を受診できる方で、大部屋で過ごせる方です。
  • 「物忘れ検査入院アセスメントシート」を発行し、退院後は地域の先生方に逆紹介いたします。

臨床統計・クリニカルインディケーター

ICD-10診断(2018年度) 人数 比率
F0 器質精神障害 16 9%
F1 物質使用障害 3 2%
F2 精神病性障害 22 13%
F3 気分障害 73 41%
F4 神経症性,身体表現性障害 34 19%
F5 生理的・身体的要因に関連した行動症候群 2 1%
F6 パーソナリティ障害 10 6%
F7 知的障害 4 2%
F8 発達障害 5 3%
F9 小児・青年期に発症する行動・情緒の障害 2 1%
G40 てんかん 5 3%
入院による改善度(CGI-I)
(2017.5月~2018.3月)
人数 比率
とても大きく改善 25 16%
とても改善 96 62%
多少改善 28 18%
変化なし 6 4%
Copyright(c) 2014 帝京大学医学部精神神経科学講座 Inc. All Rights Reserved.